2017年春 アメリカ買い付けの旅 ①

  1. KIMG1188
    2017年 5月5日から18日までアメリカに買い付けに行きました。
    今回はサンフランシスコからボストン郊外、ニューヨークまでの旅です。
    昨年はヨーロッパのみだったので、アメリカの旅は2年振りです。前回サンフランシスコに行ったときに朝晩がものすごく寒かったのを思い出し、今回はダウンジャケットとナイロンパーカー、ウールのストールを詰め込みます(これがあとあと東海岸の方で役立ちました)それとヨーロッパに行く時に必須の折り畳み長靴も一応持って行くか…と詰め込みます。
    そして出発です!
    GW真っ只中の5/5出発だったので混み混みの空港を想定して、3時間以上前に到着しましたが予想に反してガラガラ。
    飛行機も8シートほどを独り占めできるほどガラガラ。案外GWが始まってから旅行をするのが良いのかもしれません。そんな快適な空の旅から買い付けが始まりました。

スムーズにサンフランシスコ空港着。
この空港は外に出た瞬間、空が広くカリフォルニアのカラッとした空気に触れられるところが好きです。

お迎えはおじさんサーファー(兄です)。西海岸の買い付けは今回、兄に手伝ってもらいます。
3日前からサンフランシスコに入っていた兄のレンタカー(一番小さい車です)には山盛りの荷物が・・・
「どこに乗るの・・?」
車内には斜めにギリギリ積まれたロングボード、後部座席には干されたウエットスーツ。その隙間に身体を滑り込ませてなんとか乗りこみました。ボヤ~っとした頭で兄の楽しそうなサーフィン話(前日に素晴らしい波が来たらしい)を聞きながら雲一つない真っ青な空の下を進んでいきます。

向かったのはサウサリートの『HEATH CERAMIC 』です。ここは1948年にアメリカで生まれた陶器メーカー『ヒースセラミック』の工場とそのアウトレット。食器類やタイル等があり独特の色合いが特徴です。前回の買い付けの際、バスで向かう途中で迷ってしまい泣く泣く断念したので、今回はそのリベンジ。
驚いたのはお店がOPENしてすぐくらいに着いたのに、駐車場に入る車で道が渋滞していたこと。更に中に入ってまたビックリ。ものすごい人、人、人。平日の朝なのになんだこれは!?人気っぷりを思い知らされました。
まぁ私もミーハーなので、躊躇なくスルスルとその中に紛れて行きましたが、お会計の時にまた驚き!レジに並ぶ列が外まで続いています。ちらりと様子をうかがうとレジは外のテントに10台ほどありました。そこまでアトラクションの列のようにクネクネと並ぶようになっています。
「一体どれくらい待つんだろ~」工場の中で働く人たちを眺めながら1時間近くたってようやく外へ。
お会計の最中に「あ、あのお皿買い忘れた~」となりましたがまたあのレジに並ぶのか・・と考えただけで気が遠くなりそのまま終了~
工場兼お店は見やすくて、働く人たちも笑顔でテキパキとしてとても良い印象だったんですが気になることが一つだけ。
食器を包む新聞紙が漢字だらけ・・・の紙って。。。
ま、いいけどね、いいけどね・・・
それにしてもすごい人の多さだった。

出口近くにあったタイルの壁がステキでした。
KIMG1173