2017年春アメリカ買い付けの旅③

KIMG1182(その場で揚げたてを売るドーナツ屋さん)

毎日快晴の天気に恵まれ、良い買いつけが出来たサンフランシスコを後にして東海岸へ移動します。
全米最大のフリーマーケットがあるボストン郊外からニューヨークまで。

ボストン空港に着いた途端、「さ、さむい・・・」
連日暖かかったサンフランシスコがウソのように寒い。同じ国とは思えない。
西海岸から東海岸まで飛行機で5時間、時差3時間だもんな~そりゃそうか。。。
こういう時にアメリカの大きさを思い知らされます。
慌ててサンフランシスコでは無用だったダウンベストを着こみます。
この後のフリーマーケットではずっと手放すことが出来ず、更にその上にナイロンジャケット、そして手袋、パンツの下にはヒートテック、と真冬並みに防寒。5月上旬なのに・・

そんな寒い中、フリマでお世話になる方に(今回は大物を購入する為、お手伝いをお願いしました)レンタカーやらなんやらの手配をしてもらい、22時くらいにこれから連泊するホテルに到着。
レセプションにはラフな感じの数人の男子が。
「Check in,Please」
「・・・・・・・」
ん?なんか様子がおかしい。もしや、もしや?!
そうです、なんと予約していた部屋が勝手にキャンセルされていたのです!!!
絶叫===
翌日からのフリマの為に世界中からバイヤーやディーラーが来ているので、周辺のホテルはもちろん予約でいっぱい。
たとえホテルのミスだと言ってみても無いものはない、半ば泣きながら懇願しても「No Room」と言われたらもうどうしようもない。
どうしよぅ~ど~しよ~ぅ。。。。。頭の中がまっしろになりながらも「探すしかない」
すぐその場で調べたところ、フリマ会場の近くにひと部屋だけ空いているホテルを発見!
「神様~ありがとう」
しかし元々より3倍近い価格!
「うッ・・」
一瞬の躊躇はありましたが、ごちゃごちゃ言ってられない。藁をもつかむ思いですぐにその部屋を確保。
ホッとしたその時、レセプションにいたホテルの男子が
「あ、取れた?良かったね~エンジョイフリマ!」と。軽い感じで。(そんな風に聞こえました)
「・・・・・」
言葉無くすぐに移動。

結局、3倍近い価格のホテルはものすごく広い部屋で期間中快適に過ごすことが出来ました。
禍を転じて何とか、、、です。
「あ~良かった」

旅にはどうしようもないことが時々起こります。後々印象に残るのはそういう事だったりして「あの時焦ったね~」なんて笑い話になりますが、今回ばかりは笑えなかった・・・笑

今回の大フリマの思い出はこの事件と、日々あまりにも疲れて毎日食べた甘いお菓子(揚げたてドーナツや手作りクッキー、修道院パイ)が美味しかったな~ということくらいでした。
(フリマ中の写真はありません・・・スミマセン)
KIMG1181